スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
テーブル×タイル
先日、紅葉の綺麗な調布・深大寺の手づくり市に出店してきました。
2日間いろいろな作家さんたちとおしゃべりしたり情報交換したり
私自身が楽しめた充実したイベントでした。

また、以前から応援してくださっているお客さまとも偶然再会し
購入されたタイルを埋め込んだテーブルをオーダーされたお話を伺いました。

さっそくHPをチェック!
無垢の木材を使った手作り家具をつくられている大原工芸さん。
モダンなものから、アイデアものの家具などどれも素敵な家具ばかりな中
タイルを埋め込んだテーブルの写真も掲載していただいていました!
写真では少し見にくいですが、中央にしっかり埋め込まれています♪

サーフボードを象ったテーブルのデザインはお客様が考案されたもので
リバーシブルになっていたり、脚の高さも調節できたりとかなりお洒落です♪
こんな素敵にタイルを取り込んだ暮らしを目指したいものだなあと改めて感じました。



(kamakuratile)
スポンサーサイト
2014-11-25 22:15 | タイルの風景 | Comment(0)
スペインから届いた「見る色」と「使う色」
私たちのタイルの先生でもある、
スペイン在住18年の西洋陶芸作家、船戸あやこ先生の作品展
「使う色展」が、7月22日(日)まできらら館 自由が丘で開催されています(入場無料)。

先日、銀座で開催された「見る色展」に続き、
「使う色展」では、テーブルにいろどりを添える
小物たちを展示販売されるそうです♪

私がおじゃました銀座の「見る色展」では、
ファブリックのように繊細な色の重なりや
釉薬のグラデーションに見とれるばかりでした。

AyakoFunato3.jpg

陶で表現された色鮮やかな花もお出迎え(根まで作陶されているんです!スゴイ)
AyakoFunato2.jpg


帰りに、今回の「使う色展」でも購入できるという小皿を買ってきました。
もったいなくて、まだ食卓には登場していませんが^^
透き通るような淡い色合いは、使いこむほどに表情が変わってきそう。
陶器らしい深い味わいが堪能できるまで、大事に使いたいと思います☆

(kanemex)
2012-07-16 19:45 | タイルの風景 | Comment(0)
あれもこれもタイルの椅子
友達から本のプレゼントをもらった!
「ときどき意味のなくずんずん歩く」(宮田珠巳 著)

一気に読める旅エッセイ☆(かなり笑えます^^)

案の定、ムショーに旅に行きたくなり、昔の画像を整理していたら、、、
出てくる出てくる、どっさりの「タイル&やきもの」写真。

テーマをきめてアップするのも面白いかな~と思いたち、
今回は第1弾「タイルの椅子たち」集めてみました。
isu1.jpg
撮影場所は不明ですが(汗) タイルの使い方が上品じゃないですか?

isu3.jpg
こちらは風景画タイル×メキシコタイルのミックス。小技がきいてますよね!
isu2.jpg
リゾート地で撮った一枚。視覚的に涼しいだけでなく、木陰のタイルはひんやりして
アイスなんかを食べながら休憩すると、かなり気持ちいい~です。

isu4.jpg
アーティスティックなこの椅子は、たぶんメキシコのトラケパケで撮影したもの。
壁から出ている手が妙にリアル?びっくりですよね(笑)


あ~、今すぐにでも旅に行きたい。です。。。
(kanemex)
2010-02-15 00:19 | タイルの風景 | Comment(0) | Trackback(0)
ワインの宿とデルフトタイル
勝沼のワインまつりに行ってきました♪
suzukien.jpg

泊まったのは、こちらの民宿 鈴木園
入口からして、どうですか!!!
緑いっぱいのアプローチ♪

そしてお宿の中庭には…
suzukien2.jpg
おそらくスペイン製)の絵皿が飾られていたり
dou.jpg
銅製のお菓子型が出迎えてくれたり、
さりげなくセンスのいいモノたちがたくさん。

そして、知ってしまいました……
これが、ご主人のコレクションの序章であることを!!

近くのギャラリーで展示会をやっているというので、
早速、足を運んでみました。

「―追想の阿蘭陀―」
デルフト
コレクション展のご案内ハガキにあったのは、
なんとオランダの古いデルフトタイル♪
18世紀のものだそう。
ギャラリーのオーナーが「フェルメール」の絵の中にも
デルフトタイルが描かれている、と説明してくれました。

今までフェルメールの絵といえば
光の美しさにばかり目がいっていたけれど、
部屋の装飾の中にタイルが細かく描かれているものが
あったんですね~♪

このギャラリー
kyoonsyousya.jpg
注:(きょうおんしょうしゃ)と読みます

高台にあって、眺めがいいだけでなく、一人(あるいは一組)で
半日独占できる試みもしているそうです(オープンは主に土日)

勝沼といえば「ワインとブドウの街」と思っていたけれど、
思いがけず+αの楽しみを発見してしまいました

(kanemex)
2009-10-15 17:49 | タイルの風景 | Comment(0) | Trackback(0)
サンディエゴで発見!
タイルの噴水

温泉ジャグジー?

と思ってしまうほど、大きなタイルの噴水。
この水圧でもまれたら、かなりウエストがシェイプされそう、笑


2008-09-16 23:15 | タイルの風景 | Comment(0) | Trackback(0)
アメリカとメキシコの間で
今日から9月。急にしんみりしちゃうのは街から明るい色が
消えてしまうからでしょうかねぇ?
本格的な衣替えは10月だけれど、ヒマワリとかハイビスカスとか、
黄色とか青とか、何だか元気がでる洋服を着た人たちが
日に日に減ってきて、黒とか茶色とかグレーになって、
それがオシャレの先取り、みたいな。

あ~、せめて街中だけでも地味なコンクリとか土色じゃなく
パッと明るいタイルストリートになってくれたらなぁ…

タイルストリートとは、こんな感じ
タイルロード

これはアメリカの「アーバイン」という街で撮影したもの
タイルのライオン
こんな陽気なライオンや

タイル猫
猫がいたりして


ぜんぶ子どもたちの絵が主役になっていました。
好きな絵の上をかけまわるキッズが何とも可愛かった、ですよ。

TILE×TILEでは
こんな鮮やかなものから鎌倉に似合うカラーまで
たくさんの色を使って焼いています☆





2008-09-01 14:50 | タイルの風景 | Comment(0) | Trackback(0)
質問です
「ところでタイルって何に使うの?」と

よく聞かれます。

「ん~、いろいろ使えるんだけど、外でも家の中でも・・・」

と説明したところで、
バスルームやキッチンでしかタイルを見かけない我が国、ニッポン。
ちなみに、陶器づくりをお家芸にする、あの国やこの国では・・・
DH000085.jpg
こんな風に階段を装飾したり

DH000090.jpg
入口を飾ってみたり

DH000166.jpg
表札になってたり

大活躍なんですよぉ。
viva!mexico~♪




2008-08-20 14:03 | タイルの風景 | Comment(0) | Trackback(0)
老舗ホテルで発見
箱根にある富士屋ホテルのトイレの装飾。

hujiyahoteru.jpg
スペインみたい!
2008-08-10 09:24 | タイルの風景 | Comment(2) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。