スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
そうだ!笠原に行こう
kumagaya.jpg

こんにちは。kanemexです^^
新年を迎えるとなぜか、
旅したい気持ちがムクムクわいてきますよね。
今年こそ「あの街に行こう」とか、「あのスポットを見てみたい」とか。

去年の私たちは「そうだ!熊谷にも行ってみたい~」ということで、
建築物としても興味深い「NEWLAND」へも出展してみました。↑写真

その会場で出会ったのが!

kumagaya1.jpg

岐阜県 多治見市笠原町の国産タイル♪
kumagaya2.jpg
日本のタイルの一大生産地でつくられた色とりどりのモザイクピースは
色が深くて優しいだけでなく、一つ一つに生産者の温もりが感じられるもの。

うわ~、スゴイぃぃ と、すべすべのタイルを手にはしゃいでいると、
『生産者さんの話を聞くと、もっと魅力がよくわかるよ』と販売していたYさん。
その日、たっぷり話を聞いた上に、
笠原でタイルを製造販売している
丸万商会さんを紹介してくださいました。

丸万商会さんのフォトギャラリーには
「モザイクタイルと築100年の古民家」といった施工例も^^
40年代のタイルを使った台所が、もーーー、素敵すぎます☆

さて、この笠原市には来年、モザイクタイルミュージアムもオープンするようですよ!
タイルファンなら一度は行くべし!ですよね。

そんなわけで、早速スケジュール帖のメモに
デカデカと書いてみました。

「そうだ!笠原に行こう」

行けるかな~?
  
行けるといいな♪

(kanemex)
スポンサーサイト
2015-01-17 01:08 | 気づいたこと | Comment(0)
HAPPY NEW YEAR
明けましておめでとうございます。
2014.jpg

昨年はTILE×TILEとしての2人の活動をはじめ、
それぞれにとっても出会いの多い1年となりました。

2014年も暮らしまわりの味わいタイルを
じっくりじっくり作りあげ、
育てていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(kanemex・kamakuratile)
2014-01-05 16:18 | 気づいたこと | Comment(0)
益子で見つけた100円からのモザイクのかけら
益子1
長年愛用してきた我が家の食器たちにカケやヒビが出てきたなぁ…。
そうだ!益子に行こう。

と、早起きして懐かしのSLへ乗ってきました。
益子
ポッポ―と響く汽笛の音に元気をもらい、
車窓から外を眺めてみると…、地元の皆さんが笑顔で手を振ってくれるんですね。

秋葉原から高速バスでラクに行けるようになった益子ですが、
やっぱり電車に揺られてのんびり~が気持ちいい休日でした。

そんな益子の観光協会でもらったのが、パンMAPなるもの。
陶器の街だけじゃなく、今はパンの街としても有名なんですね!

早速、地図を頼りに山の上のパンドムシャムシャへ。
益子2
パンはカリッサクッとはごたえがよくて、コーヒーが美味しすぎました♪



話が脱線しちゃいましたが、買い物中に発見したのが、

このトウジャRe(リ)
益子4
器が作りづづけられる中で、どうしても出てしまう割れや失敗品。
今までは捨てられていたその陶片を、リサイクルし
研磨して丸くやさしい手触りにしたのがトウジャReなんだそうです。
MCAAさんで100円から販売していました。

300円でこのボリューム!
益子5

並べてみると、色もカタチも目にやさしい
益子6

庭の木を見ながら並べてみると
益子7
けっこうな大きさに!!

モザイクにして、玄関まわりを彩ろうか、などなど
建材としても、タイルと組み合わせても、イメージが広がる一品でした。

さて、どんな作品をつくろうかな?^^
我が家のタイルのかけらたちも、もっと大切にしたいと
改めて考えるきっかけになりました。

(kanemex)

2013-10-20 21:01 | 気づいたこと | Comment(0)
日本橋で出会ったタイルの母
日本橋三越本店5階で開催中の
世界の母のてしごと「World Folk LOVE!」に行ってきました。

地球に広がる美しい色たちが、パッとフロアに花開いたような
とってもキレイな展示会です♪

バッグや小物、いろいろありましたが、やっぱり目にとまったのは
船戸あやこ先生のタイル。
WorldFolk.jpg
ユニークで、どこか懐かしい世界。


なかでもクスっと笑ってしまったのが中央のオブジェ。

「わ、これ、何ですかー?」と聞いてみると、
スペインの公園にあるオブジェで見るようなフォルムであり、
「もうすぐ母の日でしょう。これはお母さんも表現しているの」とのこと。

なるほど~、お母さん(~o~)
外見はそれぞれでも、母親の芯にあるものって、丸くて、あたたかくて、ほんわか…
そうそう、こんな、やさしいカタチなのかもしれないワ。と、改めて思いました。
WorldFolk1.jpg
他にも、ぷっくりと中央がふくらんだタイルや、
ツリー(木の部分がとれて揺れるんです!)など、
明るくて弾けるカラーの中に、陶の技があふれていました。

4月30日(火)までの開催です。
他にも、じっくりみたいものがたくさんありましたよ!(^^)!

(kanemex)
2013-04-29 12:19 | 気づいたこと | Comment(0)
年のはじめに「タイルの見本帳のような建物」へ
kankeimaru1
いつかしっかり写真に残そうと思っていた宮城県石巻市の観慶丸。
新しい年のはじまりに、ようやくその姿をうつすことができました。

日本タイル博物誌でも紹介されているこの建物。
もとは百貨店として誕生したことを、宮城生まれの私もまったく知りませんでした!

壁面には産地も釉薬も大きさも多種多様なタイルが張りめぐらされ
本誌では‘タイルの見本帳のような建物’と紹介されています。
kankeimaru2
1階には墨流しのデザインタイル。
この開口部間も、震災時は津波にのみこまれ建物全体が大きな損傷を受けました。

あれからもうすぐ2年がたとうとしていますが
石巻の復興は、まだまだ始まったばかりです。

この建物も、街の「復興ステーション」として
復興商品を販売する、石巻の再生シンボルして動き始めました。
kankeimaru3.jpg
建物をめぐれば、スクラッチタイル、レリーフタイル、疑岩石タイルなど
まるでタイルギャラリーのような視点で、外壁をじっくり鑑賞することができるんです。

目の前に広がる、タイル!タイル!タイルの世界。
(ファンには本当にたまりません(*^。^*))

その印象があまりにも強かったのか、帰りに乗車した
電車の床までタイルに見えてしまったりして
isinomakisen1

日本のタイルへの興味もぐんぐん開花。
今年はこうした歴史ある建物へも積極的に訪れてみようと思っています。

(kanemex)
2013-01-21 23:55 | 気づいたこと | Comment(0)
タイルの面白さって?
tile1_20121115135425.jpg
新しい店で見つけた、懐かしい風合いのタイル

tile2_20121115135424.jpg
平面と立体が、隣合わせた凸凹の外壁

街歩きをしていても、見飽きることがないタイルの表情。
「そうそう、タイルのここが魅力なの!」と語りたいことは
いろいろあるのに、なかなかうまく表現できないのはなぜ?


そう思っていた先日、アトリエに訪ねてきてくださったのが、
古い家を直して住む人が見るサイトを運営するトップノッチさん。
タイルの面白さについて語ること数時間…。
その時の様子をコラムでご紹介くださいました。

ふだん私たちがこだわっている部分
(1枚でも飾れるようにしている小口の扱い)を
スパッと気持ちよく図解してくださっていて、
タイルの面白さを、さらに探究したくなりました。

建物の中にあるからこそ、いきいきと輝くタイルの存在感。
角度をかえてみてみると、いろいろあるんですね~
トップノッチさん、ありがとうございます♪

★TILE×TILEからのお知らせ★
もうすぐクリスマス♪ ギフトにアロマタイルはいかがですか?
汐留で開催される「冬の汐博2012」への出展が決まりました。

出展予定日
12月15日(土)-16日(日)
21日(金)-22日(土)の4日間です。
また近くなったらご案内しますが、新作もいろいろ制作中です。
クリスマスらしいイベントもあるので遊びにきてくださいね

(kanemex)


2012-11-15 14:08 | 気づいたこと | Comment(0)
スリップウェアと西洋工芸
少し前になりますが
特別展「スリップウェアと西洋工芸」をみてきました。
スリップウエア

民藝館
日本民藝館の前に立つと、この佇まい。
あぁ来てよかったと、いつも思ってしまいます。

展示内容はかなり良かったです。
器の中で丸びを帯びた線、流れ落ちる線、切れ切れの線…
ひとつひとつが味のある線で構成されて
自然に溶け合い、動き、広がる器の模様は
ずっと眺めていたくなる美しさでした。

そして、タイルファンとしては、うれしい収穫も!
14世紀の英国タイルや17世紀のオランダタイル、陶板などの数々。
ふだん、なかなかお目にかかれないお宝タイルも展示されているんです

3月25日(日)まで日本民藝館で開催中です。
※西館公開日に出かけると、旧柳宗悦邸もみることができるそう。
そのことを今回知って、ひじょうに残念!次こそは公開日に行きたいです~

********************
TILE×TILEからお知らせ
3月3日から、タイルを置いていただいている
lollipop cowboyさんの「ネコ祭」に参加しています♪
DSC_1357.jpg
にくきうのアロマタイル (C)kamakuratile
manekineko.jpg
まねき猫のアロマタイル (C)kanemex

などなど追加納品しました。水戸にお出かけの際は
ぜひのぞいてみてくださいね

(kanemex)

2012-03-07 11:29 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
失敗は成功の1歩!?
こうなるだろう!(こうなって欲しい)と予測していても、
うまくいかない時があるのが焼きものの面白さ。

tile1.jpg
(C)kanemex たびだち
羽の部分こうしたい、ああしたいと考えたり…
tile2
(C)kanemex サカナを狙う猫
猫の毛色を探ってみたり…
tile8.jpg
(C)kanemex ツリー
好みの質感を見つけたり…

発見をかたちにしながらイベントの準備を進めています^^
汐留クリマまであと少し!!がんばらねば、です。

(kanemex)
http://tile-tile.jp
2011-11-28 13:21 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
横須賀Shionさん
使いこんだ古い道具って、味があっていいですよね!
問題は、それをどう使うかだったりするのですが…

タイルを販売いただいているハンドメイドショップShionさんに行くと
時間を重ねたモノたちのエネルギーを感じるんです。
shion3_20111021091354.jpg

「ここに置くと、タイルが映えて見えるの」と
ディスプレイいただいたのがコチラ。
青い天板の色合いも素敵です☆
shion2_20111021091354.jpg

洋服もナチュラル系のものがたくさん
shion4_20111021091353.jpg

ワイヤー作家でもあるShionさん
shion5_20111021091353.jpg
今回納品したアロマタイルも、さっそく飾っていただきました。

外から見た店内(窓のうつりこみがはげしいですね、汗)
shion6.jpg
外壁も優しい色合い

なんだか居心地が良くて、いつもついつい長居してしまうんです^^
(kanemex)
2011-10-21 09:18 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
濱田庄司スタイル展
濱田庄司

陶芸の人間国宝「濱田庄司スタイル展」に行ってきました。

民芸好きとして「これは観ておかなくては!!」という
気分で出かけたのですが、
今回の展示は、濱田庄司=モダニストに焦点をあてたもの。

ホテルのオープングッズとして作られた帯留や
家具の展示もあって新鮮
「濱田家の食卓」というコーナーにある
茶碗や角鉢なんて、もー! 料理が盛り付けられてなくても
食欲がわいてくる食器ばかり。

作品解説に、スリップウエアとは? 軟陶とは? など
焼きものの基礎知識も書いてあって、
タイルの技法と共通するものも多いなぁと、
いろいろ眺めてきました。

今回の展示は、益子参考館の全面協力のもとに開催されたようですね。
最近は、益子ブーム? 雑誌でも見かける機会が増えましたが、
遊びに行くならヒジノワに面白い情報があるよ!と、
汐留クリマでお世話になっている雨海武さんに教えてもらいました。

遊びに行きたいなー、益子
(kanemex)

http://tile-tile.jp
(お知らせ)
9月20日まで銀座三越 ハッピーハッピーバード展に参加しています
2011-09-16 13:29 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
顔が見えるお買い物 手創り市へ!
tezukurri1.jpg
雑司ヶ谷の鬼子母神と言えば、安産・子育ての神様として有名ですね。
こちらで毎月開催されている「手創り市」に行ってきました♪

さすが“市”というだけあって、スタートも朝9時からと早め。
境内のすみっこまで出店ブースが並び
雑貨だけでなく、採れたての果物やパンも売っているんです!

しかし、鬼子母神だけで140ブース、
さらに近くの大鳥神社会場に38ブースもあるとは。
えーっと、どこからまわればいいのだろう、、と迷っていると、
「おーい!見っけ」と「ジジイの散歩」(笑)のタカオセンセイ。
わぁ、助かりました。

「あっちでブルーベリー売ってたぞ」
「ここのバケットがうまいんだ」とツウなアドバイスを受けて、あれこれ購入。
tezukuri3.jpg
写真はつくばのブルーべリーとヴァンテアンのバケット

安曇野からきた家具職人のKAJITUさんやガラス作家のマツザキタカシさんなど
お話させていただいた方もみんな笑顔で良い方で
「手創り市に出店する」一番大切な意味、を教えられた気持ちでした。
顔が見えるお買い物って、やっぱりいいですねー。
tezukuri.jpg
フライヤーも素敵です!
次回は8月21日(日)に開催されるそうですよ☆

(kanemex)

http://tile-tile.jp
2011-07-18 22:28 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
ケータイ写真カン
「あれ、いつ撮った?」という写真がゴロゴロでてくるケータイ。
無意識にとっているだけあってイマイチなアングルばかりですが。。。

いま一番夢中になっているのが
地下鉄やJRの壁画鑑賞です。いや、すごいです。
今までは新しい駅で降りるのが何だか不安に感じたりしていましたが
最近は電車のドアが開いた瞬間から目がきょろきょろ。

駅アートさんぽがマイブーム

特にお気に入りは「北参道」の駅構内
じっくり見ると顔や植物など面白いモチーフがたくさんあるんです。
北参道

副都心線や大江戸線は新しいせいか、眺めのいい駅が多いですよね。
中野坂上駅(大江戸線駅構内のニャンコ)若松河田駅(石?)
JR立川駅(中央改札脇の壁画)もかっこいい。

他にもオススメの駅があったら
ぜひ情報を教えてほしいですー!!

(kanemex)
2011-01-09 13:58 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
Xmas&Craft
クリスマス

今年はちょっとディスプレイにも力を入れてみよう~という
新しい目標ができて、クリスマスの準備をはじめました!

12月に参加するイベントはメインカラーをシルバーに
ギフト用のパッケージもいろいろと。

「誰かのことを想うのは、
自分を想うより100倍楽しい!」

そんな気分で立ち寄っていただけるお店を目指しています。

(kanemex)



2010-11-26 23:13 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
愛媛の砥部へ
少し前になりますが、瀬戸内国際芸術祭を見たついでに
愛媛県の砥部まで行ってきました。

砥部町には約100軒の窯元があるそう(ガイドブック情報)

しかし今回は時間がなかったので、500メートルの遊歩道に
580枚の陶板が飾られているという「陶板の道」を訪ねてみることに!
tobe1.jpg
おぉ!かっこいいモザイクの壁画を発見したのでドアップで撮影
tobe3_20101112230224.jpg
学校のベンチにもさりげなく陶板が
tobe5.jpg
一眼カメラを首からぶらさげて、ふらふらしていると
「あらまぁ、ルポライターさんみたいねー」と釜元の方が声をかけてくれました。
「この煙突は今は使われていないけど、昔のまま残っている」とか。「ほー!」
tobe2.jpg
ずうずうしくも工房におじゃまして、お茶をいただいてきました。
日常食器としておなじみの砥部焼ですが、じっくりと長く使ってみたい
デザインがいろいろ。現代風の作家さんも増えているそう。

タイルのヒントを少しだけ、いただいてきました♪

今度はじっくりとまわりたいな。
(kanemex)
2010-11-12 23:38 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
ハンス・コパー展
ハンスコパー

20世紀・イギリス陶芸界で活躍した
ハンス・コパー展に行ってきました。

外装タイルといった工業デザインも手がけたコパー。
本展では現物は見られませんでしたが、
写真で一部を紹介していました。
シンプルかつ立体感のあるタイルデザインは
陰影まで計算されたムダのないフォルム。

これぞ工業デザインなのかもしれませんが、
「どこがどうなって?」という壁面の美しい凹凸に
数学の方程式を見ているような知的さを感じました。


他の作品も余分なものをすべてそぎ落とした
究極のシンプルを体現したもの。ひと言でいえば「かっこいい!!!」
そしてほとんどがシリーズで作られているんですね。
何度も何度も同じような作品を作る中で、理想のカタチに近づいていく…。
余分なもの、ムダなものをなかなか捨てきれない私には
ここが足りないのだと落ち込みつつもパワーをもらった回顧展でした!

刺激を受けて、何か変わるといいけれど…

9月5日(日)まで汐留ミュージアムで開催中です

(kanemex)
2010-08-04 00:51 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
五斗蒔白
ゴトマキシロ

カタカナで見ると、鳥の名前? 

なーんて思ってしまいますが
torikago.jpg
もちろん鳥かごに入っているものではなく

漢字で「五斗蒔 白」と書く、
岐阜県の美濃地方で採取される陶芸用の粘土です。
テラコッタのような赤茶色のものも好きなんですが、
これは 白くて、軽い焼き上がりが特徴。

タイルのベースにできないかと、実験的に使ってみました~。
釉薬との相性もあるので、テストピースを作ろうと思ったのですが
フツーでは、つまらない?
choco.jpg
ということで大好きなチョコ風をいろいろ

キレイに色がのるようであれば
つやつやのチョコっぽくなるハズで!(そーなったら、おいしそう☆)

さて、どうなることやら… です。
うまくいったら、次回の展示で一緒に試食しましょう♪←(注:食べられません、笑)

(kanemex)
2010-06-19 01:06 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
ルーシー・リー展
20世紀を代表する女性陶芸家「ルーシー・リー」展(新国立美術館)へ
行ってきました!
いかにもルーシーらしい、という陶器の展示だけでなく、
宝石のようなライティングで見せるボタンの数々、
“釉薬ノート”やバーナード・リーチとの手紙も公開されていて
かなり見ごたえアリ!の内容でした。
図録を開くと代表作で見られる淡いピンクの見返しがついていて
キレ~!!このピンクを出すまでの研究過程も興味深かったです。
book.jpg

刺激されやすい私。。。かえってから
blu.jpg
ブルーの研究(笑)をタイルでやってみました。う~ん、微妙
でも、いい課題が見つかりましたー。

手でつくるものには、やっぱり手でつくった味というか
いい具合の柔らかさがあるから、ハンドクラフトは面白いのかな。。。と。
ちょっと手描きの線にこだわってみたり
aroma_20100524121439.jpg
(C)kanemex aromatile 3×5cm
Bird_20100524121439.jpg
(C)kanemex mametile 5×5cm

只今、ゆるやかタイルがマイブームです^^

(kanemex)
2010-05-23 13:15 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
虫除け×アロマ×タイル
GWは外出しないともったいないくらいのいいお天気に恵まれましたね。

そこで私も、横須賀在住のアロマテラピストSさんが主催する
天然ハーブの精油で虫除けスプレーを作ろう!というイベントに参加してきました。

この企画は、逗子にあるハウスメーカー”株式会社キリガヤ”さんの
ガーデニングフェアの一環でモデルルーム内で開催されました。

model03.jpg

model02.jpg

model04.jpg

随所に木を使用したとても素敵なモデルルームにため息がでました。
お庭づくりにこだわる方にもとても満足していただける
ガーデンのノウハウもこちらで伺うこともできます。

色々な精油の効果を伺いながら、生活に役立つ小話もふんだんに取り入れられた
Sさんのセラピーレッスンは、とても充実していて楽しいものでした。

aroma01.jpg

レモングラスという柑橘系の精油を
精製水で混ぜただけ(多少エタノールも入れています)の
簡単レシピの虫除けスプレー作りだったんですが、
これからの季節は、外に出て作業される方も多いし
お子様にもつかえる 肌にも安全なものを
自分で作れるって、いいですよね。


bagtile.jpg

こんな風にアロマタイルにスプレーして
バッグにぶら下げておけば、虫が寄ってこないかも!?

この夏おすすめのアロマタイルの使い方ですね。

(kamakuratile)
2010-05-05 12:43 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
タイルの原点
愛知県の常滑に行ってきましたー。
ここは、日本で唯一の「世界のタイル博物館」がある街。
タイルファンなら一度は!!!という名所ですよね。

外に設置された、何気ない水道にも、、、、
tokoname4.jpg
カラフルなタイル、タイル、タイル(キレイ☆)
館内に入ると、さらに大興奮の装飾タイルの展示室が待ち構えているんです

紀元前から近代まで、ゆるやかに発展してきたタイルの歴史。
平面ではなく、小さな断片を壁面に一つ一つ埋め込んでいく…という
気の遠くなるような作業を経て、現代のモザイクタイルの原点が生まれ、
職人による手描きからプリントへ!と、時代は流れてきたわけですね。

TILE×TILEが使っている技法はといえば、
15世紀後半にイスラーム教徒によって伝えられたもの。

15世紀-16世紀といえば、日本では室町時代から安土桃山時代でしょうか?
これほど続く伝統工芸から、アレンジを重ねて 新たなタイルへ。。。。
何か、本当に、面白いものを作りたくなってきました^^


さて、そんな常滑の名物といえば


tokonyan.jpg
巨大招き猫の「とこにゃん」

にゃんと横幅、6・3メートルもあるそう!
手前にいる猫ちゃんたちが実物大ですが、
この猫ちゃんたちも、よーく見ると陶器製なんですよ(すごいっ!)

ここから続く、くねくね道のやきもの散歩道を歩いていくと、
野菜の無人販売所ならぬ、陶器の無人販売所があったり
tokoname2.jpg
散歩道はとにかく見どころ満載(楽しすぎ!)ということで
続きは次回更新したいと思います☆
(kanemex)
2010-04-10 17:00 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
春ですね!
今日から4月!中目黒に行ったら、桜がぶわ~っと咲いておりました。

sakura.jpg
桜前線をチェックしたら、いま栃木あたりまで開花しているようですね。

そんな中、TILE×TILEも見ごろを迎えました^^
ゲスト参加中のハルノイエが、
4月3日(土)~14日(水)仙台PARCO 5階
期間限定のセレクトショップしてオープンします。
仙台にお花見がてら、お出かけください
駅前なので、温泉に行くついで…でも楽しめますよ!


また先日タイルの取り扱い店である伊丹のCell-Dさんからご連絡があり、
地元のタウン誌「シティライフ4月号」での記事内で、
ショップとあわせてタイルを紹介いただいたとのこと。
阪神版での掲載と聞き、関東では読めない~と思っていたら、
E-BOOKで読めました!(Cell-Dさま、ありがとうございます♪)

(kanemex)
2010-04-01 14:41 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
ウイリアム・ド・モーガン
モーガン
先日、ようやく行ってきました!19世紀タイルアートの巨匠
「ウイリアム・ド・モーガン」展

入口から出口まで、タイル・タイル・タイル
大興奮の空間でした~

まず、一枚の重みが違うんですね。
TILE×TILEが焼いているタイルがクッキーなら
モーガンのは4枚切りの食パンのように厚め。。。
横から見ても「おぉ!」 存在感はかなりのもの。

奥に進んでいくとモーガンが再現を試みたという
「ラスター彩」の部屋もあり、それはそれは、まばゆい輝き
日本でいうと蒔絵のような感覚に近いのでしょうか???
うす暗い部屋に飾ったらどんなにかっこいいだろうと思える装飾タイルです。

他にもタイルでつくった部屋のような空間もあり、
しばしリラックス・・・
椅子に腰掛けながら優雅な気分も満喫してきました~


12月20日(日)までパナソニック電工 汐留ミュージアムでやっています!
タイル好きの方なら、きっと楽しめる展示だと思います☆
入館料500円(ティーラウンジのドリンク半額チケットも、もらえますよ)

(kanemex)
2009-12-04 10:41 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
海を眺めながらワークショップ♪
blaさん店内2

秋晴れの3連休☆鎌倉 稲村ヶ崎のライフスタイルショップblaさんで
タイル絵付けのワークショップを行ってきました!

ショップ内は北欧スタイルの豊かな暮らしを実現してくれる
アイテムがいっぱい!!
その一角をお借りしての「アロマタイルづくり」☆
ワークショップ中も気持ちいい風がスーッとふいてきて
潮風や森の風♪天然のいろんな香りを感じました~^^

参加いただいた皆様、「楽しかったです」という感想がいただけて
たいへんうれしかったです。
あたたかい時間をありがとうございます。

午後の講座が終わった頃には
blaさんデッキ
海の上にキレイな夕焼け雲が…
「あぁ、こんな場所で暮らしたい~!!」と、毎度のことながら思ってしまいました^^

と、理想のショップでもあるblaさん。

今後も

10月26日(月)午前10時~、午後1時30分~
アロマセラピーの基礎を学ぼう!vol1

11月6日(金)午後1時~
アルミワイヤーとプリザートフラワーで作るクリスマスツリー
12月21日(月)生花のキャンドルクリスマスアレンジ

毎週第4金曜日 午後1時~
ハワイアンキルト教室  

などなど、講座をたくさん予定しているそうですよ。
秋冬の鎌倉をお散歩がてら、また心地いい時間を過ごしたいですー♪
(kanemex)
2009-10-12 14:20 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
ワタシたちのチャームポイント☆
…なんて堂々といえるのはアイドルくらいだと思いますが、
タイルのチャームポイントといえば「ツヤ」と「ハリ」

窯から出した瞬間「おおお!!!」と思うような
魅力的な表情を感じることがあるんですー。

でも、それを写真で表現するムズカシサといったら。。。。


そんな悩みを、先日コラボ展でご一緒したbucoさんに話したところ
ワタシたちが考えつかないような角度から
いろいろなタイルの表情を写真で現してくれました。

そして3人でデザインを考え 仕上がったのが このPRハガキ
DMハガキ
とっても気に入っています♪

早速、今月20日からのchocolでお配りしたいなぁ とニマニマ眺めてます。
(kanemex)

2009-08-11 23:37 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
アロマタイル×ワークショップ
ふだんは教室などを開いていないのですが
bla4_20090730002440.jpg
本日は稲村ヶ崎の北欧インテリアスタイルショップblaさんで
プレ☆ワークショップを行ってきました。

bla5.jpg
何を作っているかわかりますか?

最近、ブログでもちょくちょく紹介している「アロマタイル」なんですヨ☆
アロマセラピーサロン「Salon de Gigi」さんにご協力いただき
香りが広がりやすく、はじめての方にもつくりやすいデザインを考えてみました。

プリントやモザイクとはひと味違う、絵付け体験です。
スポイトと筆を使ってカラフルな釉薬をのせていくと、
見えてくるのは、ポコポコした面白いタイルの表情。

はじめは「わー、けっこう難しいかも~」と言っていたみなさんも
「楽しい、ハマリそう~」という声に変わってホッとしました☆


何より海が一望できるショップで、香りに癒されるタイルを作る…という
三位一体で実現したワークショップですので、
この先、さらにおいしい要素が加わるかもしれません♪

秋には極楽寺稲村ヶ崎アートフェスティバルでワークショップ開きます☆
(詳細はまたブログでご案内します)

ちなみにblaさんでは、新作のアロマタイルを販売しています。
北欧のテーブルウエアや家具など、素敵なものが
たくさん並ぶ店内は、帰りたくなくなるほど寛げます。
湘南の海や観光の帰りに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!!!

(kanemex)
2009-07-30 01:08 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
スベスベころん
「あぁ、赤ちゃんのようなスベスベ肌になりたい」
「つるんとした輝きが欲しいっ」

そんな野望のせいでしょか?

いつも買ってしまう…
ハシオキ

スベスベでころんとしたモノたち。
ゲスト用の箸置きに、ソラマメを加えてみました。

小さいのに高級車のようなフォルムは見ているだけでうっとり・・・・
こっくりした小豆のような色合いがおいしそう。

代官山のディセ デザインギャラリーさんで購入したもの♪
お打ち合わせのハズが、あれもこれも。
セレクトが良すぎます。ほとんどのものが想像価格より手ごろです♪
いい意味でサプライズいっぱいのショップです。

(kanemex)

2009-06-15 16:38 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
桜さくら
鎌倉は、夕方から小雨が降るあいにくの空模様でしたが、
昼間は暖かく、まだあちこち満開とはいえませんでしたが
桜見物にはもってこいのお日和でした。

sakura01.jpg

北鎌倉・円覚寺の桜はまだ見頃とは言えず・・・

engakuji.jpg

けれど、あちこちで咲きほこる花々に春の訪れを感じました。

akebi.jpg

hana2.jpg


ふだんはのどかで静かな北鎌倉の小川もカモでいっぱい!(5羽います)

kamo.jpg


夜、鎌倉・鶴岡八幡宮参道の段葛にも行ってみました。

sakura02.jpg

三の鳥居が近づくほど道幅が狭くなっているのは、
遠近法を利用して実際以上に長い距離を演出するためなんだとか

それにしても400本近くあるという桜のトンネルをぶらぶら歩くと
気分はいやがおうにも ・・・桜!さくら!サクラ!SAKURA!
・・・盛り上がってきます。

しかし、1年中観光地にありがちな なにも桜の季節だけが鎌倉じゃないから~
といわんばかりの風情のある提灯でのライトアップ!(桜にあたってません)

桜にスポットをあてて明るくすれば、もっとすごい名所になりそうなんですが・・・

こんなゆる~い感じが鎌倉には似合います・・・


(kamakuratile)

2009-04-04 21:22 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
稲村ヶ崎と江ノ電
TILE×TILEのタイルを置いていて下さっているblaさんがある稲村ヶ崎。

ってどこ?
遠方の方からちょくちょく聞かれるようになりました。

鎌倉から江ノ電にのってガタコト…
観光で有名な長谷や極楽寺と江ノ島の中間にあります~
電車

駅を降りてすぐの細い路地をすすむと、
すれっすれの状態で江ノ電が走っているんです(ゴーーーー、迫力満点!)

kanemekko.jpg
駅のベンチも懐かしいペパーミント色
(お試しで作ったkanemex子ちゃんもひと休み・・・)

住宅街にこだわりの雑貨屋さん、ピザ屋さん、古道具屋さんなどがあって、
楽しいところですよぉ♪

(kanemex)

2009-03-25 12:27 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
天然アロマ
パンにバターが欠かせないように、タイルに欠かせないのが「木」

200902251142000.jpg
木製フレームとタイルの相性はバツグンです!

そこで最近、いろいろな木のフレームを探しているわけですが・・・・・・
天然木にも、さまざまな香りの違いがあるんですねー。

ワタシkanemexの一押しは左上のピンクがかった「ベイスギ」
天然のスギの香りがプンプン漂い、
ヒノキ風呂(これは杉ですが・・)にいるようなフレッシュな気分になれます。

左下の「パドック」は熟成された赤ワインのコルクのような
アーバンな香り。

右上の「キノハガキイチイ」はちょっとすっぱい香りで
ナチュラルなおもちゃにありそうな感じ。

右下の「ザンベージローズ」は軽く燻製したハムのような
おいしそうな香りがします。
※注:すべて個人的な感想です~。

基本的にタイルは無臭なので、香りで選ぶ「木製フレーム」
というものがあってもオモシロそうですよね。

ちなみに東京芸大の美術館脇にも…
木
こんな木のコントラストを敷き詰めている一角がありました。
さすがに床に鼻を近づけている「木ムリエ」?のような人は
見たことありませんが~…笑

ドンナカオリガスルノカナ?
(kanemex)
2009-02-25 12:09 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
LOVEキャラ
uenohaniwa.jpg
店の呼び込みにしては…ゆるすぎるこの2人。
営業が午後5時までだから「終わったら、飲みいこうぜ」とか
言ってるんでしょうか…。

いえ!上野・東京国立博物館の庭で、
アメ横に負けまいと、
巷のマトリョーシカ人気に負けまいと、
懸命に頑張っております。

癒しグッズに埴輪タイルなんていかがでしょ~。
↑要望があれば、いつでも焼きます!!!

☆埴輪ファン☆kanemex
2009-01-29 19:43 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
大不況でも欲しいもの
NEW工具、買っちゃいました。
東急ハンズ
「ハンドドリル」!!東急ハンズでラスイチでした。
欲しい人はお急ぎください~(って、今はいつでもネットで買えますか?)

自動ドリルではキュイーーーーンっと数秒の行為も
手動ではキコキコキコキコ……シュポ(貫通♪)

「手 動(しゅ どう)」というだけあって
手に伝わる振動はなかなか心地いいリズムです。

急いでできることを、あえてゆっくり手を使ってやってみる。
ちょっと贅沢な時間です。

(kanemex)

2009-01-12 15:53 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。