スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
粋な表札
街を歩けば、住まいの顔はさざまざまありますが…
TILE×TILEのオーダータイルの中でも、NO1と言える
個性的な表札がこちらです!^^
nabetai03.jpg
サイズ15×45×0.5cm
オーダーいただいたW様から、届いたお写真です。

標準サイズをまるで無視した表札ですが


「粋なタイル お願いします」
最初はそんなひと言からお受けしました。

しかししかし、粋といっても幅広いイメージが!!!

そこで、お話をじっくりと伺ってみると
ご家族が愛用していた「鯛の木型」を大切にされていること、
「滝のぼりのように縁起がよく」「下町に伝わる御輿を加えたい」など、
表札に対する想いがいろいろと。

ジーン…家族が集う家には、やっぱり愛のある表札を
ご提案したいですよね。

そんなことから
「表札の中に全部、ご希望を入れてしましましょう!!」

気づけば、出ていたそんな言葉。

「サイズも思い切っててぬぐいのように長く」と、ありえない提案に
W様は「楽しみにしています」と大笑い。

「波はどうですか?」「もう少し浮世絵風に…」
「鯛の表情は?」「もう少し可愛らしく…」など、
カラーやデザインを何度も調整しながら、
無事に粋な表札をお届けすることができました(^^)v

nabetai04.jpg
♪鯛の滝のぼり、いかがでしょう♪

今回はデザインをはじめ、カラー提案などTILE×TILE
2人の共同作業的なオーダータイルになりました。

「見れば見るほど、気に入っています」というW様からの言葉が
とってもうれしくて、
表札づくりに一層力が入っている今日この頃です♪

(kanemex)
スポンサーサイト
2009-11-01 16:31 | オーダー作品(表札) | Comment(4) | Trackback(0)
モザイクタイル?
IMG_4802.jpg
kamakuratile 2009 cross series 7.5×7.5cm
デザインはbucoさんの写真(http://ameblo.jp/cottontime/)をもとに制作しています。


一見すると、小さなモザイクタイルを1枚1枚貼ったように見えませんか?

タイルと聞いてイメージする感じってみなさんこんな感じではないでしょうか?

銭湯の壁面の富士山だったり、台所の壁だったり、
お風呂やトイレの床だったり・・・。
昔の日本では、実にいろいろな場所にモザイクタイルが存在してたんですよね。

古き良きニッポンの建物の風情として 私の脳裏に焼きついて
いつのまにかタイル好きになっていたのかもしれません・・・

けれど、TILE×TILEの特徴である
ポコポコとした触感をもつこのタイルたちは
1枚の素焼きの板の上に絵を描いて、釉薬をのせて焼くというものなのです。

IMG_4813.jpg


ピースタイルを組み合わせて絵を作る
モザイクタイルとは違う手法を使っているのに
見た目はすごく似た感じになるんですよね~

実は、タイルを 『貼り合わせる』 手間を省く為に
考えだされた技法である、という説もあるそうです。

IMG_4815.jpg


ちなみに、このタイルは 5mmの四角形の枡なんですよ。
タイルを貼る手法だったら、こんなに小さなタイルを整然と貼ることって
大変な作業ですよね。

でも、手間を省くはずのこの手法でも、
厚みを揃えたり、角を作ったりする作業はかなり面倒です。
手間が余計にかかってるような気がしてならないんですが・・・変な汗

タイルと言ってもいろいろあって、結構奥深いんですよ~

(kamakuratile)
2009-11-08 14:43 | kamakuratile作品紹介 | Comment(4) | Trackback(0)
ねこのきもち

以前 “うしろねこ”と“にくきう”デザインの食事台用タイル
オーダーいただいたN様から 嬉しいご報告をいただきました♪

愛猫である、アビシニアン姉弟の 飛呂・紅呂 ちゃんたちが
雑誌 『ねこのきもち ふろく新聞』 に掲載されたんです(*^^*)
その記事をブログにアップされています。

書店ではお目にかかれない雑誌なんですが、
猫好きな方はほとんど知ってる雑誌なんですよ~

そこに、猫ちゃんたちと一緒にタイルのお食事台がしっかりと写っています。

実は私も猫たちの食事台を自分で作ってみたいと思ってるんです。
タイルとどんな素材を組み合わせるか、デザインはどうしょうかとても迷っています。
いつか完成した暁には、是非お披露目しますね。

タイルとコラボで食事台を作ってみたい~
なんて思ってるクラフト作家さんいないかなぁ

とっても嬉しいお知らせに、ますますタイルの世界を広げたくなるこの頃です。


(kamakuratile)
2009-11-16 23:57 | 出展案内 | Comment(0) | Trackback(0)
タイルの本に掲載いただくことになりました☆
タイルの本

名前からしてそそられる雑誌ですが
今回ご縁があり
TILE×TILEが参加したイベントを取材していただきました☆

11/22-23開催「hitominchideiroiro Vol.11.5」
写真×アロマ×タイルのコラボレーション展
091122_1833~0002
前回からご一緒させていただいているbucoさん(写真)とのコラボタイル。
第2弾も登場しました♪
091122_1837~0001
デザインはすべてbucoさんの写真をもとに、
kanemex/kamakuratileそれぞれのイメージで表現したもの。
コースターサイズながらも、焼き方にひと工夫して
今回はけっこう遊べた作品になりました♪

「色がやわらかいですよね!」とタイル編集部の方々。
私たちが一番こだわっている部分に気づいてくださって
ありがとうございます~(うれしい

アロマセラピスト 鈴木康代さんとの新企画「香りのタイル」も
ご紹介することができて、充実のひとときとなりました。

参加メンバーの皆様との出会い、主催してくださったオーナー様の
温かいおもてなしに感謝の気持ちでいっぱいです。

「タイルの本」は新年号掲載になるそうです(楽しみ!!)
こちらの内容はまた改めてご報告したいと思います~☆

※紹介の写真は主催者様からいただいたものです。
肝心なときにカメラが充電切れで…、スミマセンっ

(kanemex)
2009-11-24 17:21 | 未分類 | Comment(4) | Trackback(0)
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。