スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
あれもこれもタイルの椅子
友達から本のプレゼントをもらった!
「ときどき意味のなくずんずん歩く」(宮田珠巳 著)

一気に読める旅エッセイ☆(かなり笑えます^^)

案の定、ムショーに旅に行きたくなり、昔の画像を整理していたら、、、
出てくる出てくる、どっさりの「タイル&やきもの」写真。

テーマをきめてアップするのも面白いかな~と思いたち、
今回は第1弾「タイルの椅子たち」集めてみました。
isu1.jpg
撮影場所は不明ですが(汗) タイルの使い方が上品じゃないですか?

isu3.jpg
こちらは風景画タイル×メキシコタイルのミックス。小技がきいてますよね!
isu2.jpg
リゾート地で撮った一枚。視覚的に涼しいだけでなく、木陰のタイルはひんやりして
アイスなんかを食べながら休憩すると、かなり気持ちいい~です。

isu4.jpg
アーティスティックなこの椅子は、たぶんメキシコのトラケパケで撮影したもの。
壁から出ている手が妙にリアル?びっくりですよね(笑)


あ~、今すぐにでも旅に行きたい。です。。。
(kanemex)
スポンサーサイト
2010-02-15 00:19 | タイルの風景 | Comment(0) | Trackback(0)
大森アトレでタイルレッスン♪
植物にとっての“芽吹き”の春。それと同じように、
人間も、春になると気持ちがグングン上向きになりますよね?

「何か面白いことないかな~」、
そんな目線で私もついついハマッてしまったのが
タイル絵付けでした。

のびのび手を動かして、多少はみ出してもOK。少しムラが出来ても、それも味。
アバウトな感覚でも大丈夫。もちろん、きっちり色をのせていくのも気持ちいい…
いくつものワクワクが詰まっているので、何年たっても飽きないのが不思議です。

そんな楽しみを共有できる場をと考えていた矢先、
JR京浜東北線・大森駅直結(大田区)大森アトレ内
読売日本テレビ文化センター大森
TILE×TILEのタイル講座をスタートすることになりました。
atre.jpg
4月から月1ペースで、コースターやウエルカムプレート、絵付け皿を
作っていく予定です☆

まずはお試して参加できる公開講座も3月30日にあるので
コチラ
ぜひタイルの魅力を感じてみてください。
☆☆会場では私、kanemexがお待ちしております☆☆

(kanemex)
2010-02-25 16:28 | ワークショップ | Comment(0) | Trackback(0)
水族館でウエディング!?
enoshima.jpg
打ち合わせで新江の島水族館に行ってきました♪

久しぶりに見たイルカショー!

「さ~、声を出して~~!! 後ろのみんなも~
いち・に・さん ハイ!!」

スタッフさんの掛け声に合わせて盛り上がる会場は、まるで野外ライブ^^
このステージ。目の前の海がなんとも湘南に来た~という感じですよね!
しかも、結婚式の日は壇上で愛の誓いができるそうですよ。

水族館でウエディング♪意外なようで、これがとっても幻想的…
一面ブルーの館内&サンセットを二人占め招待客も間違いなく楽しめそう。

話が脱線しちゃいましたが、4月3日(土)~18日(日)
“えのすい”さんで初となるウエディングフェアが開催されるんです☆

期間中のイベントとして、4月17日(土)11:00~ 14:00~の2回
TILE×TILEも「ワークショップ 癒しのアロマタイル絵付け」(90分)を行います☆
参加費2500円(各回先着10名)事前申し込みは不要です。当日会場でお待ちしております。
アクセスなどの問い合わせは新江ノ島水族館まで
水族館で遊びながら、リゾート気分たっぷりのウエディング!
大切な人とワクワクを体験してくださいね

会場にはTILE×TILEオリジナルウエディングギフトも展示します~☆
wedding_20100228004451.jpg
(C)TILE×TILE2010 kamakuratile kanemex
こちらのアロマタイルと香りのエッセンスをセットにした特別なギフト
(湘南をイメージたココだけのデザインです

詳細はまた近くなったら、お知らせしたいと思います!!

(kanemex)
2010-02-28 01:23 | ワークショップ | Comment(1) | Trackback(0)
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。