スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
開催中です
BTH1925492_0B.jpg


昨年、出展したアートイベント
「街にはアートがいっぱい」が映画になりました。
上映中です。ぜひお出かけください(kanemex)
/////////////////////////////////////////

コミュニティアート映像祭 2008
■Community Arts Image Festival Japan 2008
(略称:CAIF-JAPAN2008)
コミュニティアート」を中心に、「地域コミュニティ」「民族」「セクシャリティ」ほか
多岐にわたる現代社会の課題、その解決策を示している映像作品を共有し、
スクリーンの前に新しいコミュニティを形成することを目的としている、
市民のための映像祭です。
現実を忘れるために観るのではない、現実と切り結び時に痛みを味わいながらも、
新しい社会のビジョンを得るためのワークショップ、それがこの映像祭の本質です。

入場無料。満足度に応じたカンパをお願いします。
今後の映画祭の運営資金にさせていただきます。
(コミュニティアート映像祭 2008 フライヤーより)


【船橋会場】船橋市民ギャラリー
●9月13日(土)
10:00-12:00 「街にはアートがいっぱい」
13:00-15:00 「取手の音楽」「BEPPU PROJECT2006」「光の庭の子どもたち」
15:00-17:00 トーク:大木裕之(光の庭の子どもたち監督)
17:00-19:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「兄の部屋」
19:00-21:00 「龍宮」
●9月14日(日)
10:00-12:00 「ほんがら」
13:00-15:00 「街にはアートがいっぱい」
15:00-17:00 トーク:川崎けい子(街にはアートがいっぱい監督)
17:00-19:00 「取手の音楽」「BEPPU PROJECT2006」「光の庭の子どもたち」
19:00-21:00 「龍宮」
●9月15日(月)
10:00-12:00 「取手の音楽」「BEPPU PROJECT2006」「光の庭の子どもたち」
13:00-15:00 「ほんがら」
15:00-17:00 トーク:長岡野亜(ほんがら監督)
17:00-19:00 「街にはアートがいっぱい」
19:00-21:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「兄の部屋」
会場はこちら


観終わった後、コミュニティについて、社会について、
人間について、愛について…etc
外部からのスイッチというより、自分の中のスイッチが稼動する。
それが明るいか、暗いは別として、
自分の中でわき起こる感情を確認できる映画祭でした。
関連記事
2008-09-14 09:17 | 出展案内 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://tiletile.blog105.fc2.com/tb.php/11-ec6de757
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。