スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ウイリアム・ド・モーガン
モーガン
先日、ようやく行ってきました!19世紀タイルアートの巨匠
「ウイリアム・ド・モーガン」展

入口から出口まで、タイル・タイル・タイル
大興奮の空間でした~

まず、一枚の重みが違うんですね。
TILE×TILEが焼いているタイルがクッキーなら
モーガンのは4枚切りの食パンのように厚め。。。
横から見ても「おぉ!」 存在感はかなりのもの。

奥に進んでいくとモーガンが再現を試みたという
「ラスター彩」の部屋もあり、それはそれは、まばゆい輝き
日本でいうと蒔絵のような感覚に近いのでしょうか???
うす暗い部屋に飾ったらどんなにかっこいいだろうと思える装飾タイルです。

他にもタイルでつくった部屋のような空間もあり、
しばしリラックス・・・
椅子に腰掛けながら優雅な気分も満喫してきました~


12月20日(日)までパナソニック電工 汐留ミュージアムでやっています!
タイル好きの方なら、きっと楽しめる展示だと思います☆
入館料500円(ティーラウンジのドリンク半額チケットも、もらえますよ)

(kanemex)
関連記事
2009-12-04 10:41 | 気づいたこと | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
行ってきましたよぉ。都内の打合せの帰りにちょっとさぼりながらな感じで、へへ。

風変りな鳥ちゃんはじめ(トリ多かったですよね・笑)動物たちはどこかユーモラスでひとりでニヤけてしまいました。

赤+金…素敵だぁ、ほぉっ。
さっちゃん 2009/12/19(土) 10:55:27) 編集

さっちゃんさま〉
汐留はある意味、都会の中のオアシス的な感じで
寄り道にいいですよね~。
風変わりな鳥ちゃん。確かに、いました(笑)
赤+金の感じも、角度によって発色が違う感じで
ホント素敵でした☆
ああいう皿やタイルをバーンと飾れる、
でっかい家に住みたいです~、ホホ^^
kanemex 2009/12/20(日) 13:07:49) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://tiletile.blog105.fc2.com/tb.php/139-f60ee123
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。