スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
スペインから届いた「見る色」と「使う色」
私たちのタイルの先生でもある、
スペイン在住18年の西洋陶芸作家、船戸あやこ先生の作品展
「使う色展」が、7月22日(日)まできらら館 自由が丘で開催されています(入場無料)。

先日、銀座で開催された「見る色展」に続き、
「使う色展」では、テーブルにいろどりを添える
小物たちを展示販売されるそうです♪

私がおじゃました銀座の「見る色展」では、
ファブリックのように繊細な色の重なりや
釉薬のグラデーションに見とれるばかりでした。

AyakoFunato3.jpg

陶で表現された色鮮やかな花もお出迎え(根まで作陶されているんです!スゴイ)
AyakoFunato2.jpg


帰りに、今回の「使う色展」でも購入できるという小皿を買ってきました。
もったいなくて、まだ食卓には登場していませんが^^
透き通るような淡い色合いは、使いこむほどに表情が変わってきそう。
陶器らしい深い味わいが堪能できるまで、大事に使いたいと思います☆

(kanemex)
関連記事
2012-07-16 19:45 | タイルの風景 | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。