スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
天然アロマ
パンにバターが欠かせないように、タイルに欠かせないのが「木」

200902251142000.jpg
木製フレームとタイルの相性はバツグンです!

そこで最近、いろいろな木のフレームを探しているわけですが・・・・・・
天然木にも、さまざまな香りの違いがあるんですねー。

ワタシkanemexの一押しは左上のピンクがかった「ベイスギ」
天然のスギの香りがプンプン漂い、
ヒノキ風呂(これは杉ですが・・)にいるようなフレッシュな気分になれます。

左下の「パドック」は熟成された赤ワインのコルクのような
アーバンな香り。

右上の「キノハガキイチイ」はちょっとすっぱい香りで
ナチュラルなおもちゃにありそうな感じ。

右下の「ザンベージローズ」は軽く燻製したハムのような
おいしそうな香りがします。
※注:すべて個人的な感想です~。

基本的にタイルは無臭なので、香りで選ぶ「木製フレーム」
というものがあってもオモシロそうですよね。

ちなみに東京芸大の美術館脇にも…
木
こんな木のコントラストを敷き詰めている一角がありました。
さすがに床に鼻を近づけている「木ムリエ」?のような人は
見たことありませんが~…笑

ドンナカオリガスルノカナ?
(kanemex)
関連記事
2009-02-25 12:09 | 気づいたこと | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://tiletile.blog105.fc2.com/tb.php/75-29027207
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。